売上アップ!クロスセルの効果!

誰でも一度は目にしたことがあると思います。

 

 

 ↓

 

「この商品を購入した人は、このような商品も同時に購入しています。」

 

 

 

Amazonや楽天などネットショッピングをすると必ず出で来る文言です。

 

 

 

 

 

マクドナルドで言うと 「ポテトもいかがですか?」

 

 

関連する商品を同時に購入してもらうことをクロスセルと言います。

 

 

 

 

 

多くの企業がやっているクロスセルですが、

 

なぜやるのか?

 

 

 

 

 

理由は簡単です。

 

やればやるほど売上げが上がるからです。

 

 

 

 

 

 

 

サロン業界も同じです。

 

 

 

「○○もいかがですか?」

 

 

 

 

 

とおすすめすると、

 

必ず数パーセントのお客様は 「じゃあそれも。」

 

 

 

 

同時に他のサービスも利用してくれます。

 

 

 

 

 

 

あなたも今ままでに

 

 

「じゃあそれも。」と言った経験はあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サロンでは、

 

 

「そんなメニューもあるのね。知らなかった。」

 

 

と言うことなど多々あります。

 

 

 

 

 

 

それは当たり前で、

 

 

 

 

全てのお客様が、あなたのサロンの

 

 

全メニューを把握しているわけではありませんから。

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち、セラピストは、

 

情報を提供することもお仕事です。

 

 

 

 

 

「こんなメニューもありますよ。」

 

 

 

 

「こちらのメニューと合わせると○○の相乗効果が期待できます。」

 

 

 

 

 

 

 

など、

 

 

押し売りになってはいけません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報や選択肢を提供することで

 

 

 

 

お客様は、 

 

 

より体や心が楽になり、満足度アップ。

 

 

 

 

 

 

サロンは、

 

売上のアップ。

 

 

 

 

 

そして何より

 

 

 

 

 

お客様の笑顔が増えることで

 

 

セラピストの「やりがいアップ」にも繋がります。

 

 

 

 

 

 

まさに、

 

Win-Winの関係です。

 

 

 

 

 

 

 

それとは逆に

 

 

 

 

 

 

 

「この店は、頭しかやってないの?

 

 

私、一日中デスクワークで背中も腰もパンパンなんです。」

 

 

 

 

 

 

「申し訳ありません。当店は頭しかやっておりません。」

 

 

 

 

 

 

というサロンは、

 

 

当然、クロスセルによる売上げアップはできません。

 

 

 

 

 

それどころか

 

 

リピート率は必ず下がります。

 

 

 

 

 

経営がやせ細っていくのは、

 

あなたの用意が足りないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドマッサージの場合、

 

 

 

 

一番凝りが強い、後頭部は、

 

背中の僧帽筋(そうぼうきん)と繋がっています。

 

 

 

 

 

 

お疲れが強いお客様ほど、

 

背中のご要望も増えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

お疲れが強いお客様

 

 

イコール

 

 

疲れやすい人

 

 

イコール

 

 

マッサージに通う頻度が多い人

 

 

 

 

 

 

 

 

サロン経営は

 

疲れやすい人を集客するのが鉄則です。

 

 

 

 

 

 

 

疲れにくい人を集客して

 

 

「また来てくださいね~」 っていつ来るの??

 

 

滅多に疲れないのに。。。

 

 

 

 

 

 

疲れやすい人は

 

明日にでも行きたい人です。

 

 

 

 

 

 

 

疲れやすい人(疲れが強い)の多くは

 

クロスセルを求めています。

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

部分的なほぐしでは解決しないからです。

 

 

 

 

 

 

あなたのサロンは、

 

 

「求め」に対する「応え」を用意していますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

用意が悪いのは気が利かないのと同じ。

 

 

気が利かないサービス業が成功しますか?

 

 

 

 

 

 

 

クロスセルは、

 

ビジネスの基本中の基本。

 

 

 

 

い・ろ・はの「い」です。

 

 

 

 

 

簡単でもいいので

 

背中とお尻もほぐしましょう。

 

 

 

 

 

 

特に1級ヘッドマッサージは、

 

脳脊髄液の流れを促進するものなので

 

 

 

 

背骨まわり、骨盤まわりの筋肉をほぐせば

 

 

さらに効果がアップします。

 

 

 

 

 

すなわち、

 

 

 

 

より自律神経やホルモンバランスに対して

 

 

効果があるということです。

 

 

 

 

 

解剖学、解剖生理学や人体の仕組み

 

 

身体が改善していくプロセスを習っておいて

 

 

 

 

結果重視!

 

 

 

結果追求型リラクゼーション

 

 

 

 

と言いながら、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

「背中はやらないです。」

 

というのは残念です。

 

 

 

 

 

 

 

「背中は疲れるので辞めておきます。」

 

そんなことを言われると

 

 

 

 

 

 

 

「この人は何のためにセラピストやっているのかな?」

 

とも思います。

 

 

 

 

 

 

 

また、

 

 

「私は睡眠重視なので背中は辞めておきます。」

 

 

という人がいます。

 

 

 

 

 

不眠などが原因で

 

睡眠のサービスを求めていいる人は

 

 

 

 

 

背中は疲れないのですか?

 

 

 

 

 

では、

 

 

 

 

背中の疲れは無く不眠症の人、

 

背中の疲れもあり不眠症の人、

 

 

 

 

どちらが多いですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いなく後者です。

 

 

 

 

 

 

 

背中もお尻も

 

セラピストが疲れない

 

施術テクニックはあります。

 

 

 

 

 

年齢・体力・腕力は関係ありません。

 

 

 

 

 

ヘッドマッサージをやるなら

 

 

 

 

 

「背中とお尻」ぐらいは簡単なので

 

 

クロスセルを用意しておきましょう。

 

 

 

 

 

Win-Winの関係なくしてサロンの成功はありません。

 

 

 

背中とお尻ほぐし講座

https://www.headlife.org/senakaoshiri/

このページはヘッドライフ代表の江口が作成しました。(2019.7.30)


資格講座

日本ヘッドセラピスト認定協会(外部リンク)
ヘッドスパのQ&A
ヘッドマッサージのQ&A