寝相で性格がわかる

「寝相が悪いんです。」

 

 

とお客様に聞かれたら、、、

 

 

 

 

どう答えますか?

 

 

 

 

「寝つき」であれば、

 

睡眠の知識を活かしてアドバイスすると思います。

 

 

 

 

 

「寝相」の場合は、

 

 

 

あえて、リラクゼーション的に

 

 

 

「寝相には人の深層心理が表れますよ。」

 

とお伝えしてみませんか?

 

 

 

 

 

それを発見したのが、

 

精神分析医サミュエル・ダンケル(米国)です。

 

 

 

 

彼は、多くの臨床経験から

 

スリープポジション(寝相)と性格との関連を導き出しました。

 

 

 

(1)丸まり型(胎児型)

横向き胎児のように丸まって寝ている状態。

 

性格:警戒心が強く内向的でコミュニケーション能力に欠ける。誰かに依存したい傾向がある。

 

 

 

 

(2)横向き型(半胎児型)

横向きで膝を少し曲げて寝ている状態。利き手を下にすることが多い。

 

性格:社会性がありバランスが良い性格。人から頼りにされるタイプ。

 

 

 

 

(3)うつぶせ型

性格:他人のミスが許せない自己中心的な性格。世話焼きで几帳面な一面がある。

 

 

 

 

(4)仰向け型(王様型)

仰向けで手足を伸ばして「大の字」で寝ている状態。

 

性格:自信家でオープンな性格で情緒が安定している。家族の愛情を一身に受けて伸び伸びと育った人に多い。

 

 

 

 

(5)足クロス型(囚人型)

手首とくるぶしを交差させながら寝ている状態。

 

性格:不安や心配事が多い性格。仕事や人間関係にトラブルを抱えている可能性あり。

 

 

 

 

(6)腰上げ型(スフィンクス型)

うつぶせで腰を高くあげる不自然な体勢で寝ている状態。

 

性格:ストレス溜め込みやすい性格。ストレス過多から不眠症にもなる。(子供の場合は早く朝を迎えて遊びたいという願望の表れもある。)

 

 

参考

ココロが見える心理学(ナツメ社)、手にとるように心理学がわかる本(かんき出版)など

 

 

 

 

 

いかがですか?

 

 

 

必ずしも当てはまるものではないと思いますが

 

性格診断や分析をすることで

 

日常の過ごし方や心も持ち方を見直す”きっかけ”になればと思います。

 

 

 

 

 

頭皮性格診断(頭皮版エニアグラム診断)」

 

を学んだ人は それとセットで行うのもアリです。

 

 

 

 

睡眠健康指導士(勉強会)」やサロンで使える睡眠セミナー

 

 

 

の受講者は、

 

 

現代西洋医学とミックスした

 

オリジナルのアドバイスもできそうですね。

 

 

 

 

このように、

 

 

 

同じヘッドマッサージ店でも

 

 

少し変わった角度から

 

 

顧客満足度を高める「サロンの差別化」はいかがですか?

 

このページはヘッドライフ代表江口が作成しました。(2019.5.19)


資格講座

卸売

日本ヘッドセラピスト認定協会(外部リンク)
ヘッドスパのQ&A
ヘッドマッサージのQ&A
1級講座
2級講座
3級講座
ダブル受講
トリプル受講
椅子へッド

40.50時間コース
ヘッドスパ講座
ハンド
フット
腸もみ
リンパ