樸原流うつ抜け(モーニングブレイク)

ヘッドマッサージ講座卒業生の樸原です。

 

前回に引き続き本日は私が行っているルーティンについてお話しします。

 

毎日のスタートとして朝行う心と体両面へのアプローチです。

 

 

 

いきなりですが、

 

私は毎朝神道の祝詞を上げ お祓いをします。

 

 

 

 

 

スポーツ選手がルーティンを持つように、

 

ここで一度心身をリセットしてその日に臨みます。

 

 

 

 

以前に比べ、今でこそ

 

ある程度の自信を持ち生活を送れていますが、

 

 

 

 

 

5年程前までは

 

尚続く諸々の不定愁訴により

 

 

 

 

『いつまた何かが弾け以前の様になったらどうしよう』

 

 

という不安がありました。

 

 

 

その為日々の心身のリセットをいかにして行うか、

 

というのが重要な課題でした。

 

 

 

 

 

そして、その手段が何故お祓いなのか?

 

 

 

 

鬱病を患った当時、

 

 

 

 

毎日続く不定愁訴や倦怠感、

 

 

そして、周囲に理解され難い症状からくる

 

 

コミュニケーションの齟齬と孤独。

 

 

 

 

これが死ぬまで続くなら、、と最悪の事ばかり考えるも

 

何も出来ず涙が込み上げるという日々の中、

 

 

私は自律神経失調症を改善するというある治療家のもとを訪れました。

 

 

 

そこで出会ったのが、

 

皆さんもご経験や見聞きした事があるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

スピリチュアルと『ザ・シークレット/(著)ロンダ・バーン』です。

 

 

(この本が入口の方は他にもいるのでは?(笑))

 

 

 

 

スピリチュアルは

 

この世界から逃げ出したいと思いつつも自傷をする勇気がなく、

 

 

 

 

眠る事で現実逃避を計るも

 

不眠と悪夢に陥っていた時に知った新しい世界です。

 

 

 

 

 

それは不定愁訴を訴え病院を転々とし、

 

 

『悪い所はありません』と言われ続け

 

 

希望を無くした私に差した新しい光のようでした。

 

 

そこからは

 

 

スピリチュアルの本を読み続け

 

 

 

実践をし、

 

精神世界の力を使い患いを払拭すべく

 

 

 

 

『見てろよ、この現実世界め!!』

 

 

 

 

意味不明なやる気を出していました。

 

 

 

 

一時はどっぷりと

 

 

スピリチュアルにハマり目が座りそうでしたが、

 

 

 

 

そこでタイミング良く

 

 

 

 

社会福祉士の資格を取る為、

 

 

専門学校に行き始めた事と、

 

 

並行して行き始めた

 

 

 

 

心理カウンセリングの先生と

 

 

初めて鬱病につき話が通じたと感じた事で、

 

 

 

 

行き過ぎずに

 

 

上手くバランスを取る事が出来ました。

 

 

 

 

 

専門学校は

 

 

大学以来の授業と勉強で、

 

 

 

 

肉体的にも精神的にも厳しかった時に

 

 

本当に良く頑張れたと思います。

 

 

 

 

そこで

 

 

スピリチュアル本にハマる

 

読書時間は勉強時間に割かれ、

 

 

 

『スピリチュアルのみでは試験に受からない!』

 

 

と必死にテキストに向かいました。

 

 

 

 

実際そうなんですよね、

 

 

 

現実世界に生きている以上、

 

 

己の舵取りは精神でも

 

 

物事を成すのは肉体です。

 

 

 

【合格】という

 

 

逃げられない現実レースが

 

 

 

 

スピリチュア本に逃げそうな私を

 

見事に通せんぼしました。

 

 

 

入学当時は

 

 

『しんどかったら学校辞めればいいし、落ちてもいいや、、』

 

 

と思っていましたが、

 

 

 

頑張っている友人と勉強の話をする内に

 

 

そう思う自分にバツが悪くなり

 

(勿論やる気も出てきましたよ)

 

 

 

『しんどい、もう無理かも、、』

 

 

と『次の試験とレポートは乗り切る、、』

 

 

 

を繰り返しました。

 

 

 

また心理カウンセリングの先生と

 

 

話が通じ始めた事で

 

 

現実世界に理解者が出来たと感じました。

 

 

 

この人生は

 

 

本当に誰がどのタイミングで現れ、

 

大きな影響を及ぼすか知る由もありません。

 

 

前述の様に

 

ここで精神世界と現実世界のバランスが取れたと感じます。

 

 

 

 

随分、怪しげなスピリチュアルの情報も見ましたが

 

 

 

 

精神世界と現実の頑張りを往来する中で

 

 

自分なりに情報の収取選択を行った結果、

 

 

 

両方を連動させる事を前提に

 

気持ちをクリアにして愛や生き方について

 

 

考える素材を選ぶようになりました。

 

 

 

そして出会ったのが「神道」の本です。

 

 

 

 

日々の雑念を祓い清めこの世界へ何を捧げるのか。

 

 

加えて(今でも翻弄されていますが)私欲への指南がありました。

 

 

 

人は最後にストレスを蓄積し

 

苦しみながら終わりを迎えるのかと

 

 

 

感じていた私にしっくりくる見方があり、

 

 

 

 

伊勢神宮がある

 

 

三重県に産まれ大学も神道系の大学

 

(私は経済学部でしたが)へ進んだ事への 御縁も感じ、

 

 

 

 

 

日常の心身のリセットとして

 

お祓いを取り入れ始めました。

 

 

 

そして、

 

それが習慣化し今でもお祓いを行っています。

 

 

 

 

時間が掛かるので面倒だな、、と思う時もありましたが、

 

 

 

今や習慣なのでやらないと気持ち悪いです。

 

 

 

 

 

またこのようなルーティンを取り入れる事が

 

 

 

 

1日を通してどれくらい

 

 

効果的かは分かりませんが、

 

 

 

 

歌う時のブレスの様に所々決まった区切りを置くと、

 

 

 

後半のリズムや全体の作りが良くなる気がします。

 

 

 

 

私はお祓いですが、

 

他にも家族や子供、恋人、仕事、趣味等、

 

 

 

 

それが何であれ

 

 

自分の気持ちを少しでもリセット出来る素材は、

 

 

 

残りの人生をどう生きるかや、

 

 

生きる事の意味を模索する事と

 

 

 

関係があるようにも思います。

 

 

 

 

 

忙しい毎日の中で

 

 

精神と肉体のバランスの不調に気付く時は

 

 

 

往々にしてどちらかに傾いてしまった後です。

 

 

 

 

 

なので面倒でも

 

 

決まったルーティンを

 

 

1日のどこかに作り

 

 

 

 

その時の一瞬でも

 

『今、心はどうかな?体どうかな?』と

 

意識を向けるのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

以上、本日は毎朝のルーティンについてお伝えしました。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。

(中津川市苗木公民館 熟年大学:日本茶講座の授業風景 https://millionleaves.jimdo.com/blog/

追伸

 

樸原先生も参加します!

 

 ↓↓↓

 

懇親会in名古屋

 

ヘッドライフは、セラピスト仲間、経営者仲間、開業を目指す仲間の横のつながりをサポートします。 

気軽にお越しくださいませ。

  

 ↓↓↓

 

お申込み先

https://www.japanese-headmassage.com/konshinkai-nagoya/

 

 

このページはヘッドライフ代表の江口が作成しました。


資格講座

卸売

ヘッドスパのQ&A
ヘッドマッサージのQ&A
1級講座
2級講座
3級講座
ダブル受講
トリプル受講
椅子へッド

40.50時間コース
ヘッドスパ講座
ハンド
フット
腸もみ
リンパ

コーンロウ
開業セミナー
その他の講座