樸原流うつ抜け(似て異なる鬱症状)

ヘッドマッサージ講座卒業生の

 

樸原伸明です。

 

------過去の配信--------  

 

12/09 

自己紹介メッセージ

 

01/05 

樸原流うつ抜け(睡眠と食事)

 

前回は私の食事と睡眠についてお話しました。

 

 

自律神経失調症から鬱病を患い

 

何とか脱出を試みるため本やネット等で情報を集め、

 

 

あれでもないこれでもないと実践を重ね

 

現在に至った内容でした。

 

 

 

 

 

本日は『似て異なる鬱症状』という題でお伝えします。

 

 

 

 

但し、これはあくまで私個人の意見で

 

医師や専門家の意見ではありません。

 

 

 

 

 

当時を振り返った私見ですので

 

何卒ご了承ください。

 

 

 

 

 

人間というのは本当にデリケートな生き物

 

 

(まさに生物「なまもの」ですね)

 

 

 

 

であるのに

 

 

そう簡単に終わらないという側面があると感じます。

 

 

 

 

 

 

機械であれば

 

 

外部からの衝撃や内部をこねくり回されたら

 

壊れて動かなくなってしまうのに、

 

 

 

 

 

人間はそんな状態でもそんな状態でも

 

生き続けてしまいます。

 

 

 

 

 

私が体の異変に気付いたのは、

 

毎朝の抜け毛の多さと

 

日中の強烈な眠気です。

 

 

 

 

 

整髪の為、毎朝髪を濡らしドライアーを掛けていましたが、

 

その時に洗面台に髪の毛が通常以上にバラバラと抜け落ちました。

 

 

 

 

 

 

毎日テレアポと飛込み営業を繰り返し、

 

営業車の中で大声を出し

 

溜まったストレスを何とかしようしていた時期

 

真っ只中の出来事でした。

 

 

 

 

 

そしてそれは、

 

 

 

元々、髪の量が多く

 

頻繁に髪形を変えるのを趣味にしていた私に起きた

 

正面事故の様な出来事でした。

 

 

 

 

 

当時は若く気取っていただけと言えばそうですし、

 

髪が抜け始めるといえば人生の中でいつかは起こる事です。

 

 

 

 

 

但し、あの出来事をきっかけに

 

他の不定愁訴も一気に加速したように感じます。

 

 

 

 

 

この経験から私は、

 

 

人は少しでも楽しみや

 

大切と感じていた事が奪われると

 

人生に対し少なからず喪失感を感じ、

 

 

 

 

他人にとっては

 

小さな出来事からでも

 

なし崩し的に壊れていく可能性があると感じました。

 

 

 

 

また、その理由や重さは各々全く違います。

 

 

 

 

思春期のニキビが世界の終わりと感じるように

 

その時の状況や環境、年齢でも大きく変わってきます。

 

 

 

 

正に人は生ものであり、

 

外部の刺激により刻々と変化を迫られるものだと思います。

 

 

 

 

私達は産まれた後に

 

 

親の躾や学校の教育、生活環境、

 

生まれつきの性格が加わり各個人に世界が生まれます。

 

 

 

 

極端に言うと

 

 

世界には75億以上の世界が存在します。

 

 

 

して、他人からは推し量れない

 

自分だけの世界が歪み始めると、

 

 

 

周囲からは理解できない

 

外部世界との歪みが生じ始めます。

 

 

 

 

私で言いますと、

 

髪以外にも手足の冷感、便秘、不眠等、様々な不定愁訴を発し

 

 

 

当たり前にあった健康が損なわれ

 

『自分が自分で無くなっていく』ような恐怖を覚えた時、

 

 

 

 

私は学生時代からの大切な友人との交流を断ちました。

 

 

 

「別人」になってしまったと感じる自分が、

 

 

 「これ迄の自分」に会いに来る友人と会うのは耐えられないと思ったのです。

 

 

 

 

 

周囲に対し

 

 

『期待に応えよう』、『完璧でいよう』という

 

 

典型的なタイプでした。

 

 

 

 

 

すぐにお茶を淹れチョイチョイ休憩をはさみたがる

 

今の自分を見せてやりたい位です。

 

 

 

話を戻しますが、

 

 

 

 

 

長年の友人からすれば

 

 

『何が起きようが貴方は貴方、むしろ何でも話してよ!』

 

 

と思ったに違いありません。

 

 

私が逆の立場であってもそうです。

 



 

しかし、前述のように人間は本当に高性能な分、

 



 

驚く程デリケートです。

 



 



 



 

他人からは本当に些細と感じる出来事でも

 



 

エラーを生じ崩壊してゆきます。

 



 



 



 

世界が変わったと感じてしまいます。

 



 



 



 



 



 

目に見える物・聞くもの・触れるもの

 



 



 

嗅ぐもの・味わうもの、それが世界ではなく、

 



 



 



 

『そこにあるそれ(物・出来事)を自分がどう感じるか』が世界なのですね。

 



 



 



 



 

つまり私の何かが変わろうが

 



 

友人関係は変わりません。

 



 



 



 



 



 

昨日も今日も物理的にはほぼ何も変わりません。

 



 



 

世界は昨日と同じです。

 

 

但し、あの時、

 

 

 

私が変わったと思った以上、

 

 

 

 

 

 

 

まるで催眠術にでもかかったように

 

 

 

私の世界は右も左もわからない程に不安定さを増してゆきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元来、冗談を良く言い仲間内でも

 

 

 

バラエティ班の自分が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭が働かず体が重く、

 

 

 

もう期待に応えられないと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし心と体が病んでいるのに

 

 

 

一体誰が期待するというのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、誰も期待する訳ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、そんな当時の自分をバカだとも思いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうところが人間なのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬱の症状は表出部分では

 

 

 

不眠や倦怠感、食欲不振等、多くの症状があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに加え、あくまで私の体験から思う事は、

 

 

 

それは今まで自分が作り上げてきた世界

 

 

 

(自分が感じている世界)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が何かしらのストレスで変化、

 

 

 

または失われてしまい、

 

 

 

 

 

 

 

 

過去に作り上げてきた世界が、

 

 

 

変化した世界に順応しきれず限界がきてしまった事、だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文字にすれば『まぁそうとも言える、、』となるかもしれませんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

お伝えしたいのは

 

 

 

表出している症状が一様でも

 

 

 

 

 

 

 

 

その人の過去から予定していた未来までを含めものの見方が

 

 

 

捩じれている可能性がある為、

 

 

 

 

 

 

抱えているものは遥かに底が知れないという事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目に見える傷や骨折とは違い、

 

 

 

手術をすれば治るというものでもなく、

 

 

 

特定の部位を取り除く事も出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大袈裟ですが、

 

 

 

世界が変わってしまっている可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状だけをみて『鬱病です』では片づけられない、

 

 

 

置き去りにされた強烈な孤独があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのでもし、も近くに鬱症状で悩まれている方が居れば

 

 

 

 

 

「待つ」という気持ちも加え接して頂くのも良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かしらの治療を行っている場合も

 

 

 

それによる改善を 期待しつつも

 

 

 

「待つ」という気持ちで寄り添って頂くのも良いかと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、人により事情や治療法、性格も違いますが、

 

 

 

私の場合は体調を戻しながら

 

 

 

 

 

 

内面でも色々な部分と折り合いをつけ

 

 

 

新しい世界を造っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初はすぐに元の体に戻る事ばかりを考え必死でしたが、

 

 

 

 

次第に『俺はこうあるべき』から『これはこう、、しよう、、かな?』と

 

 

 

 

考えの軸を以前の体から今ある体へと変えていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、隣で悩んでいる方も、

 

 

 

内側では新しい世界を造っている途中かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倦怠感により身体が動きづらい時、

 

 

 

近しい人が今の自分を理解してくれていると感じると

 

 

 

 

 

 

それは大きな支えになり、

 

 

 

孤独を和らげる何よりの薬になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、私も親友から

 

 

 

 

 

 

当時の状況を考慮した言葉を掛けてもらった時、

 

 

 

それまでには無い感謝の気持ちが芽生えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、現在、本当に毎日がツラくてツラくて

 

 

 

悩んでいる方が居れば、

 

 

 

 

 

 

出来るだけ焦らないで、がっかりしないで、

 

 

 

これは時間が掛かっても全然悪くないという事を

 

 

 

お伝えしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目に見える擦り傷や骨折とは違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改善の方法もその期間も違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原因が見えづらい

 

 

 

意味不明の症状を被っているとも言えますし、

 

 

 

今は変化の途中と言えるとも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、私は一人になると

 

 

 

度々後悔をして自分を責めましたが、

 

 

 

そんな必要は本当に本当に本当に本当に無かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしも、そのような方が居れば自分を責める必要はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人によって発症の原因は違うので軽々しくは言えませんが、

 

 

 

なるべく、なるべくそれだけは避けて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもより色々な事が起き過ぎて

 

 

 

少し先に進み過ぎたかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

進み過ぎたと感じるならば、

 

 

 

調整の為にやっぱり休む事が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい世界を造るにはそれだけ時間が掛かるものですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなりましたが、

 

 

 

今日は『似て異なる鬱症状』という題でお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初にお話ししたように

 

 

 

 

 

 

あくまで私の経験からの所見なので

 

 

 

 

勿論、治療や助言は医師や専門家の意見をご参考下さい。

 

 

 

 

 

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

《過去の配信 》 

 

12/09 

自己紹介メッセージ

 

01/05 

樸原流うつ抜け(睡眠と食事)

 

 

 


資格講座

ヘッドスパのQ&A
ヘッドマッサージのQ&A

1日完結コース

人気ランキング!

日本ヘッドセラピスト認定協会(外部リンク)

おすすめ講座

【登録商標】

頭ほぐし専門店atama

登録5576269

頭ほぐし整体院

登録5977517

骨相セラピー  

登録5790990