ロッキング法は必須テクニック!(ロッキング効果)

日本ヘッドセラピスト認定協会のヘッドマッサージは、ロッキング法を使います。

 

 

ロッキングとは、「揺らす」ことです。

 

 

 

老若男女、身体をゆらゆらと揺らされると 気持ちよくなり、

 

 

筋肉が弛緩して、いつの間にか眠ってしまいます。

 

 

その、ゆらゆら効果、<ゆりかごの理論>がロッキング効果です。

 

 

 

 

ロッキングチェアの「ロッキング」と同じ意味です。

 

 

 

 

2010年、日本理学療法士協会が 「ロッキングチェアによるリラクゼーション効果」 について発表しています。

 

 

 

腰痛の経験がない男女10名にロッキングチェアに座っていただき、10分間ゆらゆらしました。 その結果、体幹、下肢の柔軟性が増大したと発表しています。

 

 

 

人の身体は揺らすだけでも筋肉がゆるむマッサージ効果が得られます。

 

 

 

当協会では、仰向けの状態で、 頭の先からつま先までを同時に揺らす

 

「ロッキング法」を行うことで 特に体の背面と下半身の筋肉を緩めていきます。

 

 

(体の背面は一切触らすに両手の指3本、計6本指だけで全身を揺らします。)

 

 

 

身体の背面は、肩甲骨と仙腸関節(骨盤の関節)が支点となり

 

肩や背中、骨盤まわりの筋肉を緩めていきます。

 

 

 

下半身は、揺らすだけで股関節から足首の関節が開いたり閉じたりして緩んできます。

 

 

 

肩凝り、背中の痛み、腰痛、関節痛や骨盤が緩むことで婦人科系の症状や下半身痩せなど さまざまな効果が期待できます。

 

 

 

筋肉は、骨や関節を揺らす(動かす)と

 

必ず緩むという性質を利用したのがロッキング法です。

 

 

 

そして、大切なのはリズムです。

 

 

一定のリズムで反復して行うことで、癒しの物質「セロトニン」の分泌を促進します。

 

 

 

セロトニンとは「癒しのホルモン」「幸せホルモン」とも呼ばれますが、

 

自律神経を整えるホルモンのことです。

 

 

 

(正確にはホルモンではなく神経伝達物質!)

 

 

 

ウォーキングや腹式呼吸などのリズム運動によりセロトニン分泌が促進されます。

 

 

 

つまり、

 

 

ロッキング法でリズムよく全身を揺らすと

 

セロトニンの分泌が促進され、

 

自律神経が整いやすくなると考えられます。

 

 

 

「気持ちよかった」だけではなく、

 

 

自律神経失調症や更年期障害の症状緩和、 または、不妊にヘッドマッサージを

 

活用したい場合は、 必ずロッキング法を行いましょう!

 

 

 

 

さらに、 重要!

 

 ↓↓↓

 

1級ヘッドマッサージ講座「脳脊髄液」を流す整体法を行います。

 

 

脳脊髄液は、ホルモンの運搬に関わる液体です。

 

(更年期に大切!)

 

 

その流れを整えるためには、頭蓋骨と仙骨(骨盤)を緩めることがカギになります。

 

 

仰向けであっても、身体の背部を緩めることができるロッキング法は

 

脳脊髄液を操るプロヘッドセラピストに必須のテクニックになります。

 

 

 

これ以上は、奥の深い話になるので、 今日はここまでとしておきます。

 

 

追伸

当協会の卒業生で睡眠健康指導士でもあり「快眠サロン」のオーナーによる「サロンで使える睡眠セミナー」を開催します!残りわずか!

 ↓ ↓ ↓

サロンで使える睡眠セミナー

資格講座

卸売

ヘッドスパのQ&A
ヘッドマッサージのQ&A
1級講座
2級講座
3級講座
ダブル受講
トリプル受講
椅子へッド

40.50時間コース
ヘッドスパ講座
ハンド
フット
腸もみ
リンパ

コーンロウ
開業セミナー
その他の講座