頭皮の潜在能力(頭皮ポテンシャル)

もし、あなたが、目の前の人の助けになりたい。

 

癒し以上の効果を与えたい。

 

そのように、お考えでしたら最後までお読みください。

 

 

 

 

 

2010年の秋ごろ、

 

ヘッドマッサージ(頭ほぐし)が頭痛、不眠症、眼精疲労などの

 

症状の改善に確かな手ごたえがあり、

 

「リラクゼーション以上の成果をあげている」 という実感が

 

日増しに強くなっていました。

 

 

 

私は、さらにヘッドマッサージの効果を高めるために

 

何か良い方法はないかと考えていました。

 

 

私が整体師で治療系の鍼灸整骨院の勤務経験もあることから

 

リラクゼーションでは使用しないような、様々なテクニックを

 

ヘッドマッサージに試していましたが、

 

 

 

それは、手数が増えて、ガチャガチャするだけで、

 

まとまりがなく、手技にこだわるほど、

 

リラクゼーションから遠のいていく感じでした。

 

 

完全な治療系サロンは、私の目指すところではありません。

 

私が目指すサロンは、治療とリラクゼーションの間。

 

 

 

 

癒されているうちに身体が改善していくというもので

 

あくまでもリラクゼーションがベースです。

 

 

 

 

改良のために再構築したヘッドマッサージは

 

整体師の悪い癖で、手技テクニックの″てんこ盛り状態″。

 

 

 

 

癒しと呼べるものではなかったのです。

 

 

 

 

これではダメだ・・・

 

 

 

 

ゆったりとした時間の中で

 

頭という大切な部分をセラピストの手の中に

 

ゆだねてもらえる施術。

 

 

 

 

安心して、いつの間にか眠ってしまうような

 

暖かみのある施術にしなければ・・・

 

 

 

 

 

一旦、仕切りなおして、

 

 

 

 

手技テクニックを増やさずに 効果を高める方法はないか?

 

 

難しい手技テクニックではなく、シンプルな方法で

 

新人スタッフでも簡単に効果が出せるものはないか?

 

 

と考え直しました。

 

 

 

 

そんな時に目をつけたのが、頭皮自体が持つ力

 

頭皮の潜在能力(頭皮ポテンシャル)です。

 

 

 

そもそも、皮膚は液体を吸収する力を持っています。

 

 

ある薬学博士の研究によると、

 

 

腕の内側の皮膚の吸収力を1とした場合、

 

頭皮はその3.5倍の吸収力を持つと言います。

 

 

 

 

本当かな??・・・

 

 

 

 

そういえば、頭皮の毛穴は身体の中で最も大きく

 

1つの毛穴から、毛が2~3本生えているのが普通です。

 

 

 

 

その大きな毛穴の奥には、 毛乳頭細胞があり、

 

必ず毛細血管と繋がっています。

 

 

 

近年、頭皮用の化粧水が流行っていますが、

 

頭皮に何かを塗布するということは

 

 

 

 

血管に直接入れているのと同じなのでは?

 

と考えるようになりました。

 

 

 

血管へ直接に入れていると言うと大袈裟ですが、

 

 

 

 

頭皮の高い吸収力を利用して

 

身体によいものを与えれば、

 

効率よく全身に働きかけることができるのでは・・・?

 

 

 

 

自然界にあるもので

 

 

化学物質を含まない身体に優しいもの。

 

 

長年の実績があり、

 

 

なにより、 効果が立証されているもの。

 

 

そう考えると

 

 

一番、身近のものはアロマオイルではないでしょうか?


 

アロマオイルは、数千年の歴史があり、紀元前から使われてきました。

 

今では、世界が認めるエビデンス(科学的根拠・証拠)があります。

 

 

 

 

そのメイン効果は、【自律神経を整える】ことです。

 

 

ヘッドマッサージと相性が抜群です。

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

 

頭部のツボは全身の約3分の1が密集しているとも言われており、

 

その効果のほとんどが、自律神経系に働きかけるものだからです。

 

 

 

 

つまり、アロマトリートメントとヘッドマッサージは

 

目的が全く同じだと言うことです。

 

 

 

 

そして、すでに整体法を取り入れていた私のヘッドマッサージは、

 

ホルモンの運搬や自然治癒力に関わりがあり、

 

医学の世界で「生命の源」と呼ばれる脳脊髄液を流すことができます。

 

 

 

 

 

自律神経が整い、ホルモンバランスが改善するとは、

 

自然治癒力(免疫力)が向上するということ。

 

 

 

 

すなわち、

 

 

 

身体の隅々まで、 あらゆる臓器や器官にプラスの働きをするということです。

 

 

 

 

「アロマオイルを頭皮に使用すれば、

 

腕や脚、背中にトリートメントするよりも

 

吸収力が高い分、効率よく自然治癒力が向上する。」

 

 

 

 

このような経緯から考案したのが

 

「アロマヘッドセラピー」なのです。

 

 

あなたの周りに、

 

 

 

不眠症や鬱っぽい状態、更年期障害、生理不順などの

 

自律神経系のお悩みを抱えている人がいるなら、

 

私はアロマヘッドセラピーをお勧めします。

 

 

 

 

 

当協会のオイルは、無添加、100%天然ピュアオイル、

 

医療機関でも使用されるケモタイプを使用しています。

 

 

 

人間の体内でつくられる物質と同質で安全性が高く

皮膚への浸透性が極めて高い「スクワランオイル」をベースに

 

 

 

ビタミン・ポリフェノールが豊富で

血管年齢を改善して頭皮を柔らかくする「サフラワーオイル」

 

 

 

血行を促進する働きと過酸化脂質の発生を防ぐことから

アンチエイジング化粧品、発毛剤、食品、医薬品に使用されている「トコフェロール」

 

 

幸せホルモンと呼ばれ自律神経を整える【セロトニン】を多く作りだす

トップクラスの精油「ベルガモット」

 

 

片頭痛を鎮め、頭をクリアーにして脳を活性化させる「ペパーミント」

 

 

炎症を鎮め、殺菌力に優れ、

筋肉痛や頭皮のコリを緩和させる「ユーカリ」

 

 

以上の成分が頭皮ポテンシャルを引き出してくれます。

 

 

 

ユーカリは湿布にも含まれている成分です。

 

 

湿布は、肩や腰には貼れますが、

 

髪が生えている頭皮には貼ることができません。

 

 

 

 

頭が重く、凝っている人の頭皮に ユーカリを塗布するのは、

非常に理にかなっています。

 

 

 

 

さらに、ユーカリは、

 

 

 

皮脂(頭皮の脂)が酸化して炎症を起こした部分をケアしながら、

 

誰の頭皮にも存在する、約200種類の雑菌と戦います。

 

 

 

 

 

情報が多くなりましたが、この内容はごく一部です。

 

 

 

一度、整理します。

 

 

 

 

アロマオイルは、セロトニンを作り出し自律神経を整えます。

 

セロトニンは、血管を拡張させる働きがあり、

 

血行の促進と筋肉を柔らかくする効果があります。

 

血行が良くなれば、

 

代謝がアップして、 身体に溜まった余剰水分(むくみ)を吸い上げてくれます。

 

 

 

 

ドライヘッドでは太刀打ちできない、

カチカチ頭皮にアロマヘッドセラピーを勧めてください。  

 

 

 

ブヨブヨした、むくみ頭皮にも

アロマヘッドセラピーを勧めてください。

 

 

 

より良いものをお勧めして施すのが我々セラピストの使命です。

(選択肢を示すだけで押しつけはいけません)

 

 

 

 

 

2度目になりますが、 ここに書いている内容はごく一部です。

 

 

 

 

2015年ぐらいから「ヘッドマッサージ専門店」が急増しました。

 

 

時代背景以外に「水もオイルも使わない」といった

 

 

その気軽さも一因だと思います。

 

 

 

 

しかし、よく考えてみてください。

 

 

 

 

牛丼屋さんが、牛丼のみを販売していた時期は、すぐに終わりました。

 

今では、何種類もの◯◯丼があります。

 

 

 

 

セブンイレブンがドーナツをはじめたら

数か月後にはファミリーマートにもドーナツが並びました。

 

 

 

 

コンビニコーヒーの時もそうです。

 

 

 

 

それが、市場の原理です。

 

あなたも市場の一員であることをお忘れなく!

 

 

 

 

今、お住いの地域や、お近くのライバル店が

 

アロマヘッドセラピーを取り入れていなければ

 

 

 

 

先行者優位のチャンスです。

 

 

 

あなたが先にやってください。

 

「○○県初!アロマヘッドセラピー」を。

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

アロマヘッドセラピーは、

 

 

頭皮を<効率よく>柔らかくして、むくみを取り、

 

 

自律神経を整える 理にかなったメニューだからです。

 

 

 

 

(エビデンスリラクゼーションセラピー:ERTとでも言うべきか?)

 

 

 

 

ライバルに先を越された時は、焦ってください。

 

 

 

 

その時は、アロマヘッドセラピー以上のメニューを作るべきです。

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

ライバルは、さらに次のプランに取り掛かっているからです。

 

 

 

 

 

追伸1

アロマヘッドを受けるとお腹がゴロゴロと鳴ることがあります。アロマは腸の動きを活発にするからです。腸はセロトニンの90%を作り出し、免疫力の70%を担っています。

 

 

 

追伸2

薬が効きやすい体質の人、好転反応が出やすい人は、アロマヘッドを受けると下痢をする場合があります。私の場合、断食中にアロマヘッドを受けると毎回下痢をします。便の残りカスがでるので良い事だと認識しています。

 

 

 

 

ドライに捉われず、 ヘッドマッサージの可能性をより高めたい。

 

癒し以上の効果を与えたい。

 

 

 

何より、「頭」の分野を深く理解することで楽しみながら働きたい。

 

 

そのような人におすすめです。

 

 

 

アロマヘッドセラピー資格講座

 

 

資料ダウンロード

 

 

 

 

過去の配信一覧

 

 

 

資格講座

卸売

ヘッドスパのQ&A
ヘッドマッサージのQ&A
商品
ヘッドマッサージャー