首マッサージは危険って本当?

リラクゼーションのセラピストの中には、

 

「首のマッサージが苦手です。」 「首は怖いから触りたくない。」

 

と言う人が少なくありません。

 

 

医学博士で首から起こる全身の不調を30年以上にわたり研究している松井先生によると

 

首は自律神経と密接に関係しているため、首をマッサージすると全身に大きな影響を与えかねない。首はデリケートな部位なので、「揉んではいけません!」と明言されています。

 

 

 

それに対して、多くの治療家やセラピストは、

 

首は自律神経に関わる大切な部分なので、首のコリや詰まり、歪みは、揉みほぐすなどをして整えましょう。

 

と主張しています・・・

 

 

 

あなたは、どのようにお考えですか?

 

 

 

すべては、安全な施術方法と力の加減次第だと思いますが、

 

リスクがあるから全くやらない。」というのも考え方の一つです。

 

 

 

私の話でいうと、

 

 

運転免許はもっていますが、自信がないから運転しません。

 

車が便利なのは明らか。

 

私にとっても有益ですから、上手に運転すれば良いだけの話です。

 

安全運転ができれば、問題ないのです。

 

それは解っていても、「事故が怖いから運転しない。」が私の判断です。

 

 

 

以上のように、考え方は人それぞれ。

 

 

 

首のマッサージに関してもそうです。

 

 

首は自律神経を整える大きなポイント。

 

30年以上研究されている医学博士もそう言っています。

 

首が整うと、自律神経失調症が改善することは医師も証明しています。

 

 

 

事故を起こさず、上手に施術できるかは、セラピスト次第です。

 

 

首のマッサージも安全運転ならぬ、「安全施術」ができれば問題ありません。

 

 

 

 

当協会の仰向けで行う首マッサージは、

 

セラピストが力加減を決めるのではなく、 お客様の自重(お客様自身の重み)を利用してほぐしていきます。

 

※自重(じじゅう)

 

 

自重は最も安全な負荷とも言われているため、マッサージ的には安全レベルが高い施術になります。

 

 

それに対して、<うつ伏せ>の首マッサージは、

 

お客様の自重を利用できないため、セラピストの力加減がとても重要です。

 

 

 

もちろん「力加減はどうですか?」「痛くないですか?」など、

 

お声がけしながら施術していきます。

 

 

 

先日、うつ伏せの首肩ほぐし・肩甲骨はがしブラッシュアップ講座を行いましたが、未経験者ばかりだったのでヒヤヒヤしながら、指導させてもらいました。

 

 

 

なのに、なぜ学ぶのか??

 

 

 

首のマッサージが出来ないと、自律神経、更年期障害などの不調を改善するセラピストにはなれません。

 

 

ぜひぜひ、首のマッサージを習得していただきたいのです。

 

 

どのスクールでも良いので優秀な指導者のもと学んでください。

 

 

くれぐれも、ユーチューブや通信教育で習得しないようお願いします。

 

 

 

 

もう一度言います。

 

 

すべては、安全な施術方法と力の加減次第です。

 

 

 

なぜなら、マッサージが日本に入ってきたのは奈良時代です。

 

 

 

首マッサージが危険で一切やってはいけないのであれば、

 

とっくに存在していません。

 

資格講座

卸売

ヘッドスパのQ&A
ヘッドマッサージのQ&A
商品
ヘッドマッサージャー