移動式サロン

 

「車が好きで旅をしながらサロンをしたい。」

 

 

ある生徒さんの夢です。

 

中古のキャンピングカーを買うとか、買わないとか。

 

リラクゼーションは全く未経験ですが、

近い将来に車で旅をしながらヘッドマッサージ店をしたいということです。

 

趣味と仕事が両立する企業プランです。

素敵ですね。

 

 

ビジネスとして採算が合うかは、やり方次第ですが、

すごく良いアイデアだと思います。

 

サロンで働いていると過去に何度か言われたことがあります。

 

 

「新幹線でマッサージが受けれたらいいのにね。」

 

 

「飛行機でマッサージが受けれたらいいのにね。」

 

 

ほんとにそうだと思います。

 

私も毎月の出張で新幹線を利用するのですが、

東京まで2時間半、名古屋まで1時間どのように過ごすかが課題です。

 

往復でトータル約12時間。

これを5年、10年で考えると無駄にはできない時間です。

 

ある調査会社のデータがあります。

(2017年9~10月20歳以上の日米欧州の男女2000人)

 

 

「人工知能AIによる自動運転中、車内で何をしたいですか?」

 

という問いに対して、

 

日本人の回答、第1位は、「仮眠」で47.0%。

 

アメリカとヨーロッパでは「同乗者との会話や打合せ」が第1位

(米国49.8%・欧州57.9%)

 

 

日本人が睡眠を求めているのに対して、

他国はコミュニケーションを求めています。

 

 

不眠大国ニッポン。

 

しかも、日本人の1人当たりのGDPは先進国で最下位レベル。

 

寝る間を惜しんで働いている割には生産性がわるい。

ということでしょうか。情けない話です。

 

 

このような現実が、移動式サロンの実現に向かうかもしれません。

 

 

人工知能AIによる自運転は、高速道路からスタートするみたいです。

 

 

「車が好きで旅をしながらサロンをしたい。」

 

旅先でイベント的にサロンをするのか?

 

顧客を迎えに行って目的地に着くまでの間、マッサージをするのか?

 

 

目的地まで届けるとなると、おそらく、

タクシー業界の範囲になり国の認可(免許?)が必要です。

新規参入は難しいかもしれません。

 

 

いずれにせよ、日本人にとって必要なこと。

そして、我々ヘッドセラピストが社会にできることは、

 

 

「不眠の解消=パフォーマンス向上」

 

 

ヘッドマッサージ(頭ほぐし)の需要はまだまだあります。

社会を支えるヘッドセラピストがもっと増えればと思います。

 

 

あなたのプランは何ですか?

 

 

 

 

追伸

移動式のことをMobile(モバイル)と言います。

移動はMove(ムーブ)、車に乗ることはDrive(ドライブ)

そして、施術所はSalon(サロン)

 

あなたならどんなネーミングにしますか?

  

 

 

資格講座一覧

 

資格講座

卸売

ヘッドスパのQ&A
ヘッドマッサージのQ&A
商品
ヘッドマッサージャー