マンションサロンVS店舗型サロンの広告費について

 

代表の江口です。

 

 

ヘッドライフ通信をお読みいただき誠にありがとうございます。

 

 

このメルマガは業界未経験、初心者向けのお話です。

 

 

さて、本日は、広告費についてがテーマです。

 

 

 

家賃がかからない自宅サロンの場合、

 

焦って集客する必要がないため

 

広告費をまったくかけずに経営されている方もいます。

 

 

 

それに比べて、賃料がかかる

 

マンション型、店舗型サロンの場合は

 

 

 

立地がわるいと、どうしてもクーポンサイトに頼るので

 

毎月3~10万円支払っているのが普通です。

 

(1人開業の話です。)

 

 

 

 

たまに、

 

「毎月、広告に8万円も払うなら駅前の1階店舗を借りればよかった。」

 

なんて嘆いている人もいます。

 

 

 

 

家賃5万円+広告費8万円=毎月13万円

 

人通りが多い家賃13万円の1階テナントにすれば良かった

 

 

 

 

と言う意味ですが

 

必ずしもそうではありません。

 

 

 

 

立地が悪くても

 

しっかり広告して新規客を獲得し

 

 

 

リピートさせれば、

 

やがて常連さんだけで黒字になると思います。

 

 

 

 

1人開業(1人サロン)であれば

 

遅くても半年後には常連さんだけで黒字にしたいですね。

 

 

 

 

常連さんだけでOKとなれば

 

クーポンサイトを卒業することが出来ます。

 

 

 

 

それには、

 

セラピスト自身の努力が必要です。

 

 

 

 

毎月の広告費8万円が無くなれば、

 

年間で96万円もコストダウンになります。

 

 

 

個人事業主の場合はかなり大きいですよね。

 

 

 

 

私の場合は、

 

一人サロンではないですが、

 

 

 

 

最初、大阪北浜駅すぐのビルで

 

家賃19万円+クーポンサイト16万円

 

合計35万円を払っていましたが、

 

 

 

 

約1年後に、

 

ホットペッパーを卒業できたので

 

 

 

毎月の広告費16万円、

 

年間で192万円もコストカットができました。

 

 

 

 

今は、スクールも忙しく

 

新規客を特に必要としていません。

 

 

 

 

集客はWEB集客しかしないので、

 

駅前に店舗を構える必要がなくなりました。

 

 

 

 

なので、 駅から少し離れたビル、

 

要するに 立地が悪いビルに移転しました。

 

(2017年のことです。)

 

 

 

 

そうすると

 

 

 

家賃が共益費込みで

 

13万5千円まで下げることが出来ました。

 

 

 

 

クーポンサイトへの支払いもありません。

 

なのでご新規割引きもなくしました。

 

 

定価オンリーです。

 

 

 

 

10年前に家賃とWEB広告だけで

 

毎月35万円払っていたと考えるとゾッとします。

 

 

 

今は家賃の13万5千円なので

 

10年前と比べて

 

毎月21万5千円のコストカット。

 

年間で258万円のコストカットです。

 

 

 

 

その分、

 

スクール事業などに使うことが出来ました。

 

 

 

 

 

結局のところ

 

私たちセラピスト・サロン業は、

 

 

 

リピーターを増やして

 

常連客でいっぱいにすれば、

 

広告費は0円に出来る

 

立地は家賃の安いところへ移転できる

 

(当然離れすぎたらダメですよ)

 

 

 

 

 

という旨味

 

サロン開業の醍醐味があります。

 

 

 

 

 

常連客さえつけば、

 

本当に体一つでやっていける

 

オイシイ仕事なんですよ。

 

(出張もできるし)

 

 

 

 

仕事の内容・量・質・料金が同じであっても

 

コストが安く抑えられることで利益がアップします。

 

コストカットは利益に直結しますね。

 

 

 

 

開業相談会などで

 

「広告費はいくらまでかければいいですか?」

 

と質問されることがあります。

 

 

 

 

競合するライバル店の多さによっても

 

金額は変わるものですが

 

 

 

 

スタートアップの場合は赤字当然で、

 

なるべく多くかけるのが良いかなと思います。

 

 

 

 

その代わり、

 

 

 

ちゃんとリピートしてもらって

 

後から回収しないといけませんよ。

 

 

 

 

広告費は

 

 

回収できる金額に設定する??

 

 

 

 

それとも、

 

必要な量の広告を割り出して

 

それを回収できるプランを立てる??

 

 

 

 

通帳の残高を見て決めるの??

 

 

 

あなたならどうする?

 

 

 

 

悲しいですが

 

事業にかかるコストを回収できないサロンが潰れるサロンです。

 

 

 

回収できる能力(技術とノウハウ)を持っていますか?

 

 

 

今はコロナ禍で

 

予測がつきにくいのが難点ですね。

 

このメルマガは2021年2月24日に配信しました。

ブログ作成者

 

大阪代表・協会理事長

江口征次

 

株式会社ヘッドクリック 代表取締役

一般社団法人日本ヘッドセラピスト認定協会 理事長

ヘッドライフ 代表管理人

頭ほぐし専門店atama代表

ヘッドスパ専門店atama代表

 

ハンド、腸セラピー、リンパ等のセラピスト協会 理事長

 

業務用ヘッドマッサージオイル・施術用枕の販売責任者

 

【登録商標】

・頭ほぐし専門店atama 登録5576269

・頭ほぐし整体院 登録5977517

・骨相セラピー 登録5790990

 

☑科学的根拠があるヘッドマッサージ

https://www.headlife.org/serotonin2/

 

 

☑動画:癒しを科学する!

https://www.headlife.org/mov/

 


資格講座

ヘッドマッサージ料金(受講料)

先着順

1日完結コース

人気ランキング!

日本ヘッドセラピスト認定協会(外部リンク)
ドライヘッドスパ 動画
ヘッドマッサージとセロトニン・オキシトシン
セラピスト無料動画(初心者向け)
ヘッドマッサージのQ&A
ヘッドスパのQ&A

おすすめ講座

【登録商標】

頭ほぐし専門店atama

登録5576269

頭ほぐし整体院

登録5977517

骨相セラピー  

登録5790990