目をつぶっても利益を上げる

 

代表の江口です。

 

 

 

 

前回メルマガの理由①②③を考えると

 

 

 

私たちサロン経営者も

 

 

 

メルマガやブログ・SNSはやるべきなのですが、

 

 

毎日は大変ですねよ。

 

 

 

 

 

毎回、心に響くことが書けるわけでもないし

 

 

情報が弱い、薄い、宣伝が多いとなると

 

 

配信解除になります。

 

 

 

 

 

このヘッドライフ通信も

 

 

例外ではなく、配信3回に1名は

 

 

解除をされます()

 

 

 

 

 

特に非常勤講師が

 

 

面白くないメルマガを書くと

 

 

 

 

「お前誰やねん!」

 

 

 

解除、解除、解除、解除となります。

 

 

 

 

 

ある程度は、仕方がないです。

 

 

私は講師を育てる役割もしておりますので

 

 

トライはさせないと・・・

 

 

 

 

 

大八木先生も最初は、

 

 

ただの日記みたいな、何を伝えたいのかわからない

 

 

ブログを提出していたので

 

 

私が書き換えることも多々ありました。

 

 

 

 

 

最初は誰でも仕方がないです。

 

 

はじめからできる人はいません。

 

 

ブログ脳の回路ができてないからです。

 

 

 

 

 

私の場合は

 

 

 

接客していて「これブログに書けるな」

 

 

講座をしていて「これブログに書けるな」

 

 

家でテレビを見ていて「これブログに書けるな」

 

 

 

 

ブログ脳の回路を作っていきました。

 

 

 

 

 

 

特に講師は、目の前の事象を

 

 

言語化できないと務まらない仕事です。

 

 

 

 

 

私は4段階に分けています。

 

 

 

①知っている

 

②解っている

 

③やっている

 

④出来ている

 

 

 

 

ブログを書くときは、

 

 

当然、知っていることしか書けないのですが

 

 

 

 

 

いざ書き始めてみると

 

 

「①知っているけど、②解ってなかった。」

 

「しっかり理解していないな。」

 

 

と自分で感じることがあります。

 

 

 

 

 

この時点で心が折れる書き手がいますが、

 

 

調べものをしながらでも書き進めましょう!

 

 

 

たまに知ったかぶりをしていますが、

 

 

 

しかし、書き終えたときには

 

②「解っている」に到達します。

 

 

 

 

あなたも

 

それで良しです。

 

 

 

あなたも

 

自身の成長のため書くべきです。

 

 

 

 

しかし、問題は

 

解っていても、次の③です。

 

 

 

やっている??

 

 

 

 

やっていいないのがほとんどです。

 

 

 

 

 

去年のブログで

 

 

頭ほぐし専門店atamaのホームページが

 

 

 

 

全然ダメなのでたくさん手直ししたいと書きましたが、

 

 

未だに1ページも直していません。

 

 

放置です。

 

 

 

 

 

私がやっていなくても

 

 

 

やるべきことのヒントはヘッドライフ通信

 

 

山ほどかいてあるので

 

 

卒業生の皆さんは頑張ればいいことです。

 

 

 

 

 

この時にポイントがあります。

 

 

 

 

 

あまり細かいことを気にしすぎると

 

 

全体を前に進めないのです。

 

 

 

 

体は一つしかないし、

 

 

時間にも限りがある。

 

 

 

 

 

 

私の場合は、

 

 

サロンホームページがダメだとわかっていても

 

 

 

 

この3年間は、サロン+講座で

 

 

毎年売り上げが130~140%アップしています。

 

 

 

 

 

事業が全体として上がれば

 

 

まずはOKとします。

 

 

 

 

 

ダメな部分に目をつぶっていても

 

 

大局をみて上手くテコ入れすれば

 

 

結果が出るのです。

 

 

 

 

レバレッジ(てこの原理)を効かすというやつです。

 

 

 

 

そうすると経営者としては

 

 

④出来ている、わけです。

 

 

 

 

 

 

「細かいことを気にし過ぎずに前に進める」

 

 

と言うことでは、スタッフを見るときもそうです。

 

 

 

 

 

多少ダメな部分があっても全体としては

 

 

必要なチームの一員です。

 

 

 

 

良い部分を見つけて

 

 

出来そうな仕事を与えます。

 

 

 

(与えて無理なら居場所がなくなります)

 

 

 

 

 

経営者を見るときもそうしてください

 

 

ダメな部分はあっても、社長がいないと…

 

 

 

 

 

それぞれの役割を果たしているなら

 

 

良い所、悪い所を含めて個性として受け入れる。

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

 

あなたも体は一つしかないし、

 

 

 

時間にも限りがある。

 

 

 

 

 

今の事業の全体をみて

 

 

 

目をつぶる部分

 

目をつぶれない部分

 

 

 

ちゃんと分けていますか?

 

 

 

 

 

「いい加減な社長なのに、なんで上手くいっているんだろう?」

 

 

 

 

 

その社長は、

 

レバレッジを効かすのが得意なのです。

 

 

 

③解っている

 

④出来ている

 

 

 

 

だから成功者なのです。

 

このメルマガは2020年6月25日に配信しました。

 

☑科学的根拠があるヘッドマッサージ

https://www.headlife.org/serotonin2/

 

 

☑動画:癒しを科学する!54の質問!

https://www.headlife.org/mov1-5/

 

 

ヘッドマッサージ

資格講座

ヘッドマッサージとセロトニン・オキシトシン
ヘッドマッサージのQ&A
ヘッドスパのQ&A

1日完結コース

人気ランキング!

日本ヘッドセラピスト認定協会(外部リンク)

おすすめ講座

【登録商標】

頭ほぐし専門店atama

登録5576269

頭ほぐし整体院

登録5977517

骨相セラピー  

登録5790990