経験から得る根拠

前回のメルマガでは、

 

 

 

すべてにおいて科学的根拠があるわけではないので

 

 

経験が必要とお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

施術の前に

 

 

仮説を立てて検証することが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

授業で先生は 

 

 

 

「○○な人は、◯◯だから、◯◯すると、◯◯になる。」

 

 

 

 

と言っていたけど本当かな?

 

 

 

 

 

 

という具合です。

 

 

 

 

 

 

 

経験や実績を積むには、

 

 

まずは、○○な人に出会って

 

 

施術しないといけません。

 

 

 

 

 

 

 

○○な人といった

 

 

ターゲットの絞り込みも必要です。

 

 

 

いくらヘッドマッサージ講座で

 

 

 

「頭痛薬が手放せた。」

 

「耳鳴りが止まった。」

 

「めまいが改善した。」

 

「不眠が解消した。」

 

「便秘が改善した。」

 

「腰痛が改善した。」

 

「うつが改善した。」

 

「むずむず脚症候群が改善した。」

 

「アトピーが緩和した。」

 

「顔面麻痺が緩和した。」

 

 

 

 

など、聞かされても

 

 

 

 

自分で出会って施術して

 

 

結果を出さないと

 

 

 

やっぱり心からは信じられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

結果を出した卒業生は、

 

 

 

本当に喜んでくれていて

 

度々、報告をくださいます。

 

 

 

 

 

 

私にとっても嬉しいことで

自信をもって講座が出来ます。

 

 

 

 

 

誰が何とい言おうと

 

 

結果を出しているのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、どのくらいの経験が必要か?

 

 

 

 

ビジネス界の成功哲学では、

 

 

--------------------------------------------

 

 

各分野でプロ(専門家)になりたいのであれば「約1 万時間の練習や実践が必要だ」と英国のMグラドウェルが提唱しました。

 

 

--------------------------------------------

 

 

 

 

 

大変ですね。

 

 

 

 

 

開業するまでに

 

 

1万時間の実務経験が必要となれば

 

 

諦める人もいると思います。

 

 

 

 

 

 

もっと短縮できないかな?

 

 

と思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

困ったことに

 

 

 

 

 

事前に予備知識がない状態では

 

 

うっかり見過ごしたり

 

 

しなくてもいい失敗をします。

 

 

 

 

 

 

 

なので、

 

 

 

知識は事前に備えておく必要があるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

知識はいくらあっても困りません。

 

 

 

 

 

 

予備知識があれば、

 

 

1万時間をいくらかは短縮できるはずです。

 

 

 

 

 

 

余った時間で何をするかも課題ですね。



頭皮カウンセリング講座https://www.headlife.org/touhicounseling/

このページはヘッドライフ代表の江口が作成しました。(2019.7.1)


資格講座

卸売

日本ヘッドセラピスト認定協会(外部リンク)
ヘッドスパのQ&A
ヘッドマッサージのQ&A
1級講座
2級講座
3級講座
ダブル受講
トリプル受講
椅子へッド

40.50時間コース
ヘッドスパ講座
ハンド
フット
腸もみ
リンパ