きっかけは罪悪感から

はじめまして。

 

 

ヘッドマッサージ講座卒業生で日本ストレッチング協会認定インストラクター    森脇 由宇と申します。

 

 

 

普段は福岡市内のリラクゼーションサロンに勤務しながら、

 

日本ストレッチング協会の運営する講座のお手伝いをさせていただいてます。

 

 

 

7/10に自身初のストレッチ講座の開催を予定しております。

https://www.headlife.org/stretch-2/

 

 

 

 

 

今回は、私自身がストレッチについて

 

深く学ぶきっかけになったことをお話しさせて頂きたいと思います。

 

 

 

 ▼ ▼ ▼

 

 

 

セラピストであれば誰でも

 

お客様の笑顔を見ると嬉しい気持ちになりますよね。 

 

 

 

 

常日頃からお客様のことを考え、

 

学び、練習して得たスキルで人を喜ばせる。

 

 

 

 

 

「こんなにやりがいを感じる仕事は他にない!」 

 

 

あなたもそう感じたことがあるはずです。

 

 

 

 

 

『ありがとう!おかげでラクになったよ!今日ここに来てよかった!』

 

 

 

 

お客様の満面の笑みにつられてこちらまで笑みがこぼれます。

 

 

まさに“セラピストになってよかった”と思う瞬間です。

 

 

 

 

お客様はあなたの施術に満足し、

 

癒された余韻に浸りながら、

 

 

 

 

こう続けます。

 

 

 

 

『自宅でできるおススメのストレッチってありますか?』

 

 

 

 

『この前読んだ本で、腰痛にはこんなストレッチが効くって書いてあったからしてみてるんだけど、これってあってる?』

 

 

 

 

『今やってるストレッチ、いまいち効果を感じないんだけど、他になにか効果的な方法ってないかな』

 

 

 

 

 

「ぜ、前屈して太股の裏を伸ばしたり、、

 

アシカのポーズとか?がいいですよ!…

 

 

腹筋を鍛えたりするのもアリかと(汗)・・・。」

 

 

 

 

 

『そうなんだ!なるほど!やってみますね!ありがとう!』

 

 

 

 

あなたはお客様を満足させることができたと同時に、

 

お客様からのそれなりの信頼を得ました。

 

 

 

 

 

お客様はアドバイスまでもらえて更に嬉しそうです。

 

 

 

しかし、どうでしょう。

 

 

 

 

 

あなたはさっきまで“セラピストになってよかった!”と、

 

お客様から感謝されることに喜びを感じていたのに、

 

 

 

 

今はなんだか感謝されたことに少し罪悪感を感じています。

 

 

 

 

 

喜んで帰っていくお客様を見送りながら、

 

なんだか情けない気持ちになっていますね。

 

 

顔で笑って心で泣いている・・・そんな表情です。

 

 

 

 

 

「あなた」とはズバリ、「過去の私自身」です。

 

 

 

 

私は、一般読者向けにつくられた

 

セルフストレッチの本の情報を、そっくりそのまま

 

横流しにしてお客様にお話ししました。

 

 

 

 

苦し紛れ、その場しのぎの対応でしたが、

 

お客様は親身になって聞いて下さいました。

 

 

 

 

もし、

 

 

 

『それ本で読んだことあります。』 と言われていたら

 

どう対応していたか・・・

 

 

 

 

 

もしかしたら、心の中では

 

『それ知ってるやつだな・・・』とか

 

思われていたかもしれません。

 

 

 

 

「よくご存じですね!さすがです!」と、

 

ごまかすことしかできなっかたでしょう。

 

 

 

 

「よくご存知ですね!これをもっとこう工夫すれば更に効果的ですよ!」

 

 

 

 

と、現在のようにプラスアルファの要素を含めた

 

アドバイスができるようになるには、

 

 

 

 

 

 

いつ振り返っても、

 

基本的な知識を持っていることが何より重要である

 

と感じています。

 

 

 

 

中国にこんなことわざがあるのをご存知でしょうか。

 

 

 

“ある人に魚を一匹与えれば、その人は一日食える。魚の取り方を教えればその人は一生通して食える。”

 

 

 

 

 

何十種類もの目新しい斬新なストレッチも、

 

技の引き出しを増やすにはもってこいですが、

 

形だけでは宝の持ち腐れです。

 

 

 

 

 

あなたに信頼を寄せているお客様に

 

ぴったりなストレッチ方法を提案できなければ、

 

 

 

 

 

それがどれだけ

 

 

斬新でインパクトがあるものだったとしても

 

 

価値を失います。

 

 

 

 

 

正しい知識、基礎があれば、

 

どんなお客様のどんな状態にも対応することができます。

 

 

 

 

もちろん、

 

形だけでやっていたストレッチも

 

本当の価値のある宝になります。

 

 

 

 

 

私は皆さんに、

 

“魚の取り方”を学び、お客様に“魚の取り方”を教えてあげれる

 

セラピストになってほしいと思っています。

 

 

 

 

 

お客様にとっての“魚の取り方”・・・

 

それは適切なアドバイスです。

 

 

 

 

適切なアドバイスは、

 

お客様のことを思っている気持ちそのものです。

 

 

 

 

ダイレクトにお客様の心に響きます。

 

 

 

 

ストレッチをして柔らかくなるのは

 

身体だけではなく、心も柔らかくなることを

 

私は施術を通して実感しました。

 

 

 

 

より多くのセラピストの方にそれを感じていただきたいです。

 

 

 

 

講座のタイトルを『腰痛改善』と

 

少し硬めに謳わせてもらっていますが、

 

 

 

あくまでも今回のテーマにすぎません。

 

 

 

 

“お客様との信頼関係向上”のお役に立てれば

 

これ以上のことはないなと思っております。

 

 

 

 

 

最後に、

 

 

 

私はストレッチの匠ではありません。

 

 

 

自分よりもストレッチのバリエーション豊かな人にも

 

たくさん出会ってきました。

 

 

 

 

しかし、その多くが、

 

スキルを活かしきれていないことがほとんど、

 

 

 

 

というのが正直な印象です。

 

 

 

 

これからストレッチを

 

 

施術に組み込んでいきたいという方はもちろん、

 

 

ストレッチはたくさん知っているけどお客様の反応がいまいち…

 

 

という方も、

 

 

 

 

色々な方と情報を共有して、

 

 

 

お客様の人生に寄り添えるセラピストを

 

 

一緒に目指していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

日本ストレッチング協会認定インストラクター    

森脇 由宇

このページはヘッドライフ代表江口が作成しました。(2019.5.18)


資格講座

卸売

日本ヘッドセラピスト認定協会(外部リンク)
ヘッドスパのQ&A
ヘッドマッサージのQ&A
1級講座
2級講座
3級講座
ダブル受講
トリプル受講
椅子へッド

40.50時間コース
ヘッドスパ講座
ハンド
フット
腸もみ
リンパ