うつ語(英レディング大学より)

毎年、4月7日は世界保健デー。

 

2017年のスローガンは「Let’s talk(一緒に話そう)」という

 

 

うつ病対策でした。

 

 

WHO(世界保健機関)は、世界のうつ病患者は、

2015年に3億2200万人を超えたと発表。

 

 

日本人は約506万人。

 

 

あくまでも推計で、厚生労働省によると、

心の病の患者数は、112万人(2014年)とされています。

 

 

 

医学雑誌「Clinical Psychological Science」によると

 

うつ病患者さんは「うつ語」とも言える言葉を発しているそうです。

 

 

気持ちの落ち込みがあるため、

 

ネガティブな言葉を使っているのは、容易に想像できますが、

 

 

それ以上に使っている言葉があります。

 

 

英レディング大学の最新のコンピュータ技術を用いて、

うつ病患者さんの会話のビッグデータを言語分析した結果。

 

 

うつ病患者さんは、ネガティブな言葉よりも、

 

「絶対に…」

 

「必ず…」

 

「常に…」

 

「完全に…」 など、

 

 

白黒をはっきりさせたい、、、

 

100%正しいか、100%間違っているかいずれかの場合に

使う「独立語(絶対語)」を多く使用しています。

 

 

その他に、「1人称代名詞」。

 

英語でいうと「I」「My」「Me」です。

 

 

「私」が中心の会話が多く、

他者への関心が希薄であるという分析結果が出ました。

 

 

ネガティブな言葉よりも、

 

「私が…」「私の…」「私を…」

 

「絶対に…」「必ず…」

 

と連発している人がうつ病の可能性が高いとう結果が出ています。

 

 

 

 

あなたの周りにもいませんか?

 

 

 

自分の話と、極論が多い人。

 

 

それは、「うつ語」なのかも??

 

 

ヘッドマッサージは、「頭と心を軽くします。」

 

 

最近「うつ語」が増えてきたな。

 

そんな時は、ヘッドマッサージはいかがですか。

 

 

お役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

追伸(1)

うつ病の疑いがあれば専門機関の受診を。

 

 

追伸(2)

世界保健デー2018年のスローガンは「everyone, everywhere」

誰もが、世界のどこであろうと健康でいられるように。

 

 

資格講座

卸売

ヘッドスパのQ&A
ヘッドマッサージのQ&A
商品
ヘッドマッサージャー