実際に移転した話。(お客様を切る)

 

前回の続きです。

 

 

 

 

サロンの売上げが右肩上がり

 

 

絶好調の時に移転しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

北浜駅の駅前サロンから

 

 

同じ北浜駅でも

 

 

徒歩4分の裏路地に移転することにしました。

 

 

 

(現在の場所です) 

 

 

 

 

 

 

駅から離れる程

 

 

当然、立地は悪くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも

 

 

 

移転するのに費用はかかるし

 

立地が悪くなれば集客も落ちます。

 

 

 

 

 

 

 

なによりも

 

 

 

 

通いなれている

 

常連のお客様には申し訳ないことです。

 

 

 

 

 

 

 

すごく迷いましたが

 

移転しました。

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

次のステージに進むためです。

 

 

 

 

 

 

サロンの都合で

 

 

離れたとことに移転するわけですから

 

 

お客様が減っても仕方がありません。

 

 

 

 

 

 

 

通常はそうなのですが

 

 

 

 

 

 

 

当時、私が行ったのは

 

 

「お客様を切る」ための移転です。

 

 

 

 

移転まで必要なのか?

 

 

と言われると、、、

 

 

 

 

 

私の狙い通りに事が運ぶと

 

ずいぶん得をすることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻して

 

 

 

 

 

お客様に対して

 

 

「切る」という言葉を使うと

 

 

失礼に聞こえますが

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスの世界では

 

 

当たり前のことで

 

 

やらなければいけない作業です。

 

 

 

 

 

 

 

「お客様を選ぶ」と言ったほうが

 

 

適切だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

サロン開業するときには

 

 

ターゲットを決めるのですが、

 

 

 

 

 

 

 

ターゲットがある程度決まったら

 

 

今度は、より明確にするためにペルソナを作ります。

 

 

 

 

 

 

 

ペルソナとは、

 

 

自分のサロンが理想とする顧客像のことです。

 

 

 

 

 

 

 

「こんなお客様に来てほしいな」

 

 

 

架空の人物を一人作り上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

 

その理想とする顧客の

 

 

 

 

性別、

 

年齢、

 

居住地、

 

家族構成、

 

趣味嗜好、

 

職業、

 

収入、

 

休日の過ごし方、

 

好きな雑誌、

 

好きなテレビ番組、

 

健康意識(知識レベル)、

 

持ている資格や取りたい資格、

 

 

 

などなど

 

 

 

 

性格や行動パターン

 

 

物やお金に関する価値観などを

 

 

より鮮明にして

 

 

 

 

 

 

 

どんな悩みを持っていて

 

 

 

 

何をしてあげれば良いのか

 

 

 

 

自分のサロンは何ができるのか

 

 

 

 

 

 

 

 

といったことを分析して

 

 

サービスを最適化していきます。

 

 

 

 

 

 

 

その作り上げた

 

 

 

自社のサービスとマッチするお客様だけを

 

 

 

集客することが出来れば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様とサロンは

 

 

常にWin-Winの関係が作れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

あえて

 

 

 

 

「常に」と加えましたが

 

 

100%はないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

「常」を目指すのが経営者のお仕事。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベストが無理でも

 

 

ベターで成り立つ仕組みを目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

その為に

 

 

ペルソナがあり

 

 

 

 

 

 

少しでも

 

 

喜んでもらえて

 

 

 

 

 

 

少しでも

 

リピート率やサロンの評価を上げるために

 

 

 

 

 

 

Win-Winになる集客を心がけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

度々、

 

 

 

私が言っていることですが

 

 

 

 

 

 

セラピストは

 

 

1日で施術できる人数は限られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純計算すれば

 

 

一生のうちに何人施術できるか

 

 

最大数を算出することも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

すなわち、

 

 

 

 

 

人生も施術回数も

 

 

有限ですから

 

 

 

 

 

 

 

少しでも

 

 

自分のサービスを必要としてくれる

 

 

 

 

 

 

 

お客様を自分の意志で意図的に選んで

 

 

 

共に幸せな時間を過ごさないと

 

 

 

 

 

 

セラピスト人生がもったいです。

 

 

 

 

 

 

 

仕事は仕事。

 

 

プライベートはプライベート。

 

 

 

 

 

 

と切り替えが上手な人は良いですが、

 

 

 

 

 

 

私の場合は、

 

寝ても覚めても仕事のことを考えてしまうタイプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

 

 

 

誰か偉い人が言った格言の

 

 

 

「仕事と思うな人生と思え」

 

 

 

がピッタリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「仕事で付き合う人を選びたい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、共に働く

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフもそうですし、

 

 

お客様もです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

2つのペルソナが必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

スタッフ用ペルソナお客様用ぺルソナです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人を選ぶなんて

 

 

贅沢だし、わがままかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

 

自分の人生ですから

 

 

希望、理想、目標があっても構いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

希望が叶った

 

 

 

理想通りになった

 

 

 

目標が達成した

 

 

 

 

 

 

 

そんな状況を幸せと言わず

 

 

何というのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

思い通りにするには

 

 

実力がいるので

 

 

 

 

 

私は、

 

 

 

 

朝から晩まで働いた上に

 

 

毎日、机に向かって勉強したのです。

 

 

 

 

 

10年前に

 

頭ほぐし専門店atamaをオープンしたときは

 

 

 

 

 

 

はっきりとしたペルソナはなく

 

 

 

「北浜周辺のパソコン疲れのサラリーマン・OLさん」

 

 

 

 

といった

 

 

ざっくりしたターゲットでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、3年後には

 

 

 

 

 

3桁の新規集客をしていたので

 

 

 

まったく問題は無かったです。

 

 

 

 

 

 

 

そんなに集客できた理由は簡単です。

 

 

ライバルとなるサロンが少なかったからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここが私としては

 

 

引っかかるポイントでした。

 

 

 

 

 

 

世の中に

 

 

ヘッドマッサージ専門店がほとんどないから

 

 

誰でも来てしまう。

 

 

 

 

 

 

 

誰でも来てしまうので

 

来てほしくないお客様にも遭遇してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

昔、こんなことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

若い女性からお電話があり

 

 

 

「旅行で大阪に行くので、友達と4名で60コースお願いします。」

 

 

 

 

 

 

早めに連絡をいただいたので

 

 

問題なくご予約をお取りできました。

 

 

 

 

 

 

 

旅行のプランの中に

 

 

当店を入れてくれるなんて嬉しいことです。

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

予約の当日、

 

 

 

時間を過ぎてもお越しにならないので

 

 

お電話しました。

 

 

 

 

 

 

 

なかなか繋がらず

 

 

やっと4回目のお電話で出られました。

 

 

 

 

 

 

当店スタッフ

 

「本日ご予約をいただいておりますがサロンの場所はおわかり・・・」

 

 

 

 

 

 

若い女性のお客様は

 

 

食い気味で

 

 

 

 

 

「気分が変わったのでやめまーす。」

 

 

 

 

と一方的に電話を切られました。

 

 

 

 

 

 

何回も電話してくんじゃねーよ!

 

みたいな雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

 

私もスタッフも予約が4件、

 

当日になくなるのはショックです。

 

 

 

 

 

(歩合制ということもあったので)

 

 

 

 

 

 

 

私は考えました。

 

 

 

 

 

こんなお客様の予約を取っていると

 

 

本来、当店のサービスを必要としてくれている

 

 

お客様に申し訳ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも当店は、

 

 

 

整体法を取り入れたヘッドマッサージで

 

 

 

リラクゼーションサロンとしては

 

 

日本ではじめて

 

 

「脳脊髄液」を操るメニューをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで

 

 

治療家を含む

 

 

セラピストの誰もが、

 

 

 

 

 

 

リラクゼーション業界では

 

 

無理だと思っていた

 

 

 

 

 

脳脊髄液により

 

 

体を改善をする「頭ほぐし」を

 

 

実現し提供しています。

 

 

 

 

 

 

 

治すとは言えませんが、

 

 

「本気でお客様の体を良くしたい。」

 

 

 

 

といったモチベーションで

 

働いています。

 

 

 

 

 

 

それなのに、

 

 

本格ヘッドマッサージ店が

 

 

他にないために

 

 

 

 

 

 

興味本位で、

 

 

 

気持ちよさを求めて

 

 

誰もか気軽に来店してしまいます。

 

 

 

 

 

 

まぁ

 

 

それも嬉しいのですが、

 

 

 

 

 

 

当店が得意とするのは

 

 

病院に行っても改善しないような

 

 

不定愁訴(ふていしゅうそ)で

 

 

 

 

 

 

いわゆる

 

 

 

 

自律神経やホルモンバランスの乱れによる

 

 

不調の改善をメインとしています。

 

 

 

 

 

 

 

なので私としては

 

 

 

「本当に体の疲れでお悩みの人だけ来てほしい。」

 

 

 

という結論に至ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとかして

 

 

状況を変えることはできないか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売上げ的には絶好調です。

 

 

 

 

 

ビジネスで言う

 

 

先行者優位のうま味

 

 

たっぷり頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その反面、

 

 

いつまで続くのだろうという不安も

 

 

同時にありました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

2015年ごろには

 

 

大阪市内にもヘッドマッサージ専門店が

 

 

増えはじめていました。

 

 

 

 

 

 

当協会の生徒さんも開業していきます。

 

 

 

 

 

 

 

北浜近くの本町、淀屋橋、堺筋本町など

 

 

パソコン疲れのサラリーマン・OLさんがたくさんいる街です。

 

 

 

 

 

 

「きっと当協会の卒業生もそのエリアに出店したいだろうな。」

 

 

 

 

 

 

と思っていたことも重なり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右肩上がり、

 

 

順風満帆の繁盛サロンを

 

 

 

 

 

一度、解体することに決めました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

お客様をバッサリ切ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても

 

 

移転までする必要があるのか??

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや。

 

 

移転してよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の狙い通り

 

 

 

移転することで得しました。

 

 

 

 

 

 

次回へ続く。

このページはヘッドライフ代表の江口が作成しました。(2019.7.18)


資格講座

日本ヘッドセラピスト認定協会(外部リンク)
ヘッドスパのQ&A
ヘッドマッサージのQ&A