これ、サボったら終わり。

 

代表の江口です。

 

 

前回のメルマガ口コミ集客アップのつづきです。

 

 

具体的に行動を起こさないとダメです。

 

 

これをサボったら終わりです。

 

 

 

③口コミワードを設定してみては?

 

 

 

 

 

あなたのサロンが口コミで紹介をされる時に

 

 

「あそこの店は○○で○○だから○○なのよ。」

 

 

と言っていただけたらOKです。

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

 

一般のお客様は、あなたのサロンを

 

 

 

どうやって、

 

 

なんて言って、

 

 

紹介したらよいかが、分かっていません。

 

 

 

 

なので、あなたが設定する必要があります。

 

 

 

 

 

「当店は科学的根拠に基づいた整体ヘッドマッサージなので他のリラクゼーションよりも効果があります。」

 

 

 

 

「大学教授も効果を認めるヘッドマッサージなので安心してご利用できます。」

 

 

 

 

効果や安心をお伝えしましょう。

 

 

 

 

その他、

 

 

「○○で○○だから○○です。」

 

 

 

 

といった口コミワードをお客様に

 

 

あなた自信が伝えることが重要です。

 

 

 

 

 

 

大人も子供と同じで、

 

 

聞いたことをそのまま人に伝えます。

 

 

 

 

 

 

伝言ゲーム的に何人かに伝わっていくと最後は

 

 

「いい人よ~」で終わるかもしれませんが

 

 

それでもOKですが、

 

 

 

 

 

 

「いい人よ~」だけで終わらせないためには

 

 

ストーリー化すると良いです。

 

 

 

 

 

開業相談の時に、

 

 

「旅」をすることをオススメすることがあります。

 

 

 

 

 

今までに、

 

 

 

 

これといった経験や資格、趣味、特技もなく

 

 

「自分をどうやって自分を売り出してよいかわからない。」

 

 

 

という卒業生に多く出会います。

 

 

 

 

 

そんな時は、

 

 

自分でストーリーを作れ良いのです。

 

 

 

 

「私は日本全国のヘッドマッサージを受ける旅をしました。

 

 

世界●ヵ国のヘッドマッサージを受ける旅に出かけました。

 

 

そして、できたのがこの●●という私のサロンです。

 

 

世界のあらゆるヘッドマッサージを知っている私だからできる

 

 

●●式ヘッドマッサージを・・・」

 

 

 

 

みたいな。

 

 

時間もお金もかかります。

 

 

 

 

 

時間がかかって何が悪いのですか?

 

 

お金がかかって何が悪いのですか?

 

 

時間とお金をかけることほど良いことはありません。

 

 

 

 

100時間、煮込むカレーと

 

 

レンジでチンするカレーは同じものですか?

 

 

 

 

 

30種類のスパイスを入れるのと

 

 

市販の固形ルーと同じですか?

 

 

 

 

手間暇かけないと世間は納得しませんよ。

 

 

 

 

「当店は、2日間でならったヘッドマッサージで3か月後に開業しました!

 

 

即席ヘッドマッサージです!

 

 

でもご安心ください。練習会は2回行きましたので!」

 

 

 

 

って書きますか?

 

 

あなたのストーリーは、あなたが作るものです。

 

 

 

 

 

 

お客様は期待した時にしか動きません。

 

 

期待できない店でお金を使うことはありません。

 

 

 

 

期待をしてもらう(期待を煽る)のが広告なんです。

 

 

 

 

 

あなたは「誰かに」期待される人物ですか?

 

 

「誰かに」とはターゲットを絞ることです。

 

 

 

 

 

ターゲットを「不眠症の人」にしますか?

 

 

「緊張型頭痛」にしますか?

 

 

 

 

ニッチ化にするほど「専門家」にはなりやすいですね。

 

 

時短が出来るという意味です。

 

 

 

④条件設定で確実性を高めてみては?

 

 

 

確実に口コミにしたいのであれば、

 

良い条件を設定しましょう!

 

 

 

 

ご紹介いただけたら

 

 

次回○○%割引!

 

○○分延長無料!

 

ポイント2倍!

 

 

などなど、

 

よくあるパターンです。

 

 

 

ご紹介カードを作成するといいですね。

 

 

 

 

 

特に主婦は割引きが大好きです。

 

 

 

 

紹介されているときに

 

「この人、自分が割引を受けたくて必至だな(汗)…」

 

 

 

 

みたいに感じるときもありますが、

 

 

それは置いといて

 

 

 

 

 

自分のサロンを紹介してくれるのだから、

 

 

何かお礼をしてもいいのです。

 

 

 

 

 

感謝の気持ちを表したのが、

 

 

「○○円引き」とお考え下さい。

 

 

 

 

 

条件を練りすぎて

 

「ねずみ講」にならないようにしてくださいね。

 

 

 

 

⑤便利を活用してみては?

 

 

 

先ほどの紹介カードにQRコードを付けておくと

 

 

もっと多くの情報を届けることが可能になります。

 

 

 

 

 

③のストーリーまで紹介カードに書けませんので

 

 

やっぱりホームページに飛んでもらいたいです。

 

 

 

 

 

本当に興味を持つと

 

 

「もっと知りたい。教えてー!」となります。

 

 

 

 

紹介者はお店の人ではないので

 

 

1から10までを正確に教えられません。

 

 

 

 

 

「ホームページ見てごらん。ほら、ここにQRコードがあるよ。」

 

 

 

 

と言ってもらえる状態に

 

 

あなたがしておかないといけません。

 

 

 

 

手を抜くのもあなたです。

 

 

 

 

開業相談で

 

 

「ホームページは作ったほうがいいですか?」

 

 

と聞かれることが多々あります。

 

 

 

 

もちろん作ったほうが良いです。

 

 

 

 

 

ホームページは、カタログのようなものです。

 

 

カタログには商品が並んでおり、説明があります。

 

 

 

 

 

 

サロンにもカタログがあったほうがいいですよね。

 

 

 

 

 

 

しかも、

 

 

営業時間を気にせずに問い合わせのメールもできます。

 

 

 

 

 

 

そして、プロフィール欄は、

 

 

あなたのことを知ってもらえる履歴書の代わりにもなります。

 

 

 

 

 

 

ホームページは無料でも作れるのでオススメします。

 

 

QRコードから一発でカタログに飛ぶようにしておきましょう。

 

 

 

 

チラシや紹介カードに載せるのです。

 

 

 

 

 

「苦手だなぁ~」ってほとんどの人が言います。

 

 

 

 

当たり前です。

 

 

 

昔は、全部、業者がやっていた仕事です。

 

 

 

 

それを、この10年で

 

 

私たち素人にもできる環境が整っただけです。

 

 

 

 

スマホアプリが進化して

 

 

写真、動画の加工・編集ができるようになったのもそうですね。

 

 

 

 

 

女性の方は得意じゃないですか?

 

 

 

 

 

昔はパソコンでしかできなかったことが

 

 

スマホでできるようになっただけです。

 

 

 

 

 

今は、写真の人が消せたり、電柱が消せるアプリがありますが

 

 

(マツコの部屋でやってました)

 

 

 

 

それは、プロが使っている

 

 

 

イラストレーターをいうパソコンソフトと同じ機能ですね。

 

 

 

 

 

きっと、やればできます。

 

 

 

この辺りのことは、すべて開業相談でクリアできますよ。

 

 

 

次回⑥につづきます。

 

 

 

このメルマガは2020年3月12日に配信しました。


資格講座

ヘッドマッサージのQ&A
ヘッドスパのQ&A

1日完結コース

人気ランキング!

日本ヘッドセラピスト認定協会(外部リンク)

おすすめ講座

【登録商標】

頭ほぐし専門店atama

登録5576269

頭ほぐし整体院

登録5977517

骨相セラピー  

登録5790990

 

コロナウイルス等の感染症の対応について

https://www.headlife.org/200225/